外壁リフォーム無料相談.com

外壁塗装の寿命

一般的に外壁塗装の目安は約10年といわれています。
理由は2つ

  • 一般的なウレタン系外壁塗料の寿命の目安
  • 住宅の基本性能の保証期間

これらが10年間となっているからです。通常は保証期間に対しある程度余裕のある性能を持たせるものですが、施工品質によってはコレを下回る場合があります。

なので、
保証期間前の劣化の発見という意味では10年以内にプロの診断を受けることをおすすめします。漏水など発見した場合はすぐに施工者や販売元へ連絡しましょう。

外壁塗装は髪の毛程度の小さなキズであっても、そこから雨水が侵入するとカビの発生や断熱性能の低下、外壁下地材料の腐敗などが気づかないうちに進行します。こうなると補修は塗り替えだけではすみません。

理想は定期的な診断を受け、小さな劣化の段階で何らかの対策をすること。少なくても新築後10年の段階でプロの診断を受けることをおすすめします。

 

 

はせさん

 

はせさん
普段は新築物件の設計をしている一級建築士ですが、職業柄 知人からリフォームの相談をよく受けます。みんな誰に相談して良いか困っているんですね。

外壁塗装のコンシェルジュ
「ヌリカエ」

 

写真事例で相場感を把握
「外壁塗装駆け込み寺」

 

見積り徴収がすぐできる
​ 「外壁塗装の窓口」

 


 

 

© 2017 外壁塗装を安くするテクニック rss